かし保険の保険料は当社が負担いたします。

住宅かし保険の保険料を後で求められた等のトラブルが多いのですが、実は住宅瑕疵担保履行法において、資力確保のための手段の1つである保険加入に関する保険料等の負担は誰がするかについての定めは無いのです。

 

そのため、この保険料等に関する負担については、住宅の購入者と契約される事業者とで、もめているケースが多いのです。

 

潮産業ではこの住宅かし保険の保険料を当社が負担していますので、ご安心下さい。

住宅瑕疵担保履行法

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられています。


潮産業では4つの住宅瑕疵保険に加入しています。


対象となる瑕疵担保責任保険の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

当然当社ではお客様に対して万全の体制でお引渡しさせて頂きその後も保証致します。